耳に入った水を確実に出す方法を知恵袋から絞りだして解説【知恵袋まとめ】

耳に入った水を確実に出す方法 知恵袋

プールに入った後に耳から水が抜けず『うわ~イヤイヤッ❕』と困った経験はないでしょうか❓

泣きそうな女児吹き出し用

初めて耳に水が入ったときには、、もう何がなんだかわからずに心配で泣きそうに💦

とは言いましても、耳から水を出せた経験則で『大丈夫!心配ないから・・・』と言えるものの、やはり水がでるまではどこか不安な気持ちがありますね。

そこで、耳に入った水を確実に出す方法』について知恵袋をもとに多くの方の声を紹介して参りますので、是非ともお読みください👍

ただ、以下の点はご留意くださいませ🙇🏻🙇🏻
✅【耳に入った水を出せるという回答はすべて検証できているわけではない点】
✅【状況はそれぞれ異なるのですべての方にあてはまる訳でない点】
スポンサーリンク

閲覧回数トップ5

今回は、耳に水が入ってから出すことができたとの回答があるもの閲覧数で上位1位~5位に絞ってみました

閲覧数は確認した2023/8/7時点でありますので、変動がございます。その為、URLはわかるように記載しておきますので最新の数字はご確認くださいませ。

※できる限り最新のものに都度更新する予定でおります

トップ①閲覧数214,571回

さっそくご紹介していきましょう❕

~質問概要~
学校のプールの授業で耳に入った水が出てこないです💦
水を出すために良い方法を教えてほしいです⁈
自分でこんな感じのことはやってみましたが出すことができなかったです
・綿棒で水分を含み取ろうとした
・何度もジャンプした
~質問者が選んだ良い回答~
水を出す方法:
:まず水が入った耳(右か左)を上に向けます。次に、水が入った耳に水滴をたらし耳に水が入った瞬間に耳を振ったりジャンプして耳から水を出してあげましょう

閃いた女性吹き出し

私はこの方法で出すことができましたよ👌

◆こちらの回答の解説◆
勝手ながらもう少し噛み砕いて説明させて頂きますね👍
こちらの方法はスイマーやサーファーがやっていることが多いようでして、方法としては広く認知されているようです。

具体的な原理として水が出にくいのは【耳の構造】と【表面張力】の話が関わってきます。こちらの方法は簡潔にいいますと、水が出ない原因となっている表面張力を崩そうというものになります。表面張力という言葉がイメージしづらいかとは思いますので画像でイメージしやすいように補足していきますね😊

下記の画像をご覧ください☟

本来、水が落ちている状態でありますが、【表面張力】によって落ちない状態が続いております。今回の事例だと耳の鼓膜にくっついて落ちない状態となっておりますよ。
表面張力の解説画像
そこで、耳の中に水を入れて力を加えることで表面張力を崩すことが狙いとなります。

けれども、水を入れたものの、再度、表面張力ができてしまうと水がでてこなくなりますね。ですので、水を入れたらできるだけ素早く耳から出したいとこであります。

引用元:YAHOO!知恵袋|ast********さんのご質問より

トップ②閲覧数175,480回

次は、閲覧数上位2位となります。

~質問概要~
質問者様は入浴した後、頭を叩くと耳からボンボンと響きます💦
右の耳だけ耳の奥で響くということに言及されております。
そうした場合は『どのようにしたらよいでしょうか?』との質問となりそうです。
~質問者が選んだ良い回答~
耳に水が入ったと考えられそうです
そうしたときの解決策は、水が入ったであろう耳を下に向けて、枕にタオルを敷いて寝てみましょう
自分はこれで大丈夫でしたよ。水が入った耳を下に向けて寝る◆こちらの回答の解説◆
こちらも方法としてはどうなのか❓といった点を少し詳しく考えていきましょう。

耳に入った水が出ない原因ではありますが、水面張力が関係しております

水が入った耳を下にしても水が出ていかない!そんなとき、【水面張力を疑う】見方が一般的ではあります。

ただし、今回の方法が水を出すために効果的なのか!ですが、耳の中へ多少なりとも圧をかけるにつながるのではと思ったりもするのでアリと感じております。ただ、基本的に耳の構造上水が出にくいこともあるようなので、耳を後ろ斜めに引っ張って通りをよくするようなことも同時に行いたいですね

引用元:YAHOO!知恵袋|つまれさんのご質問より

スポンサーリンク

トップ③閲覧数114,211回

~質問概要~
シャンプー中に耳に水が入りました、耳から水を抜くうえでよい方法が知りたいです?』実は子供の頃はプールサイド周りで熱い地面に耳を近づけると、すぐに耳の水を出すことができておりました。このような方法がありましたらお願いいたします🙇🏻
~質問者が選んだ良い回答~
いくつか方法を列挙いたしますね。
●水が入った耳を下に向けて反対側の耳を軽く叩く
●同じく水が入った耳を下に向けて、片足でジャンプしながら振動で落とす
●綿棒などで吸水する方法
●熱い地面などに耳を近づけて水を出す方法
●耳を手で圧迫して気圧を用いて水を出す方法
●水を数滴入れて水を出す方法

考える女性吹き出し

う~ん、色んな方法があるね

◆こちらの回答の解説◆
それぞれ私なりの勝手な解釈をもとに少し詳しく解説していきましょう👍
※質問者さまの意図と異なる場合はご了承くださいませ。

●水が入った耳を下に向けて反対側の耳を軽く叩く
こちらの方法で水が耳から抜けた方も多いようですので方法としては有効なようです。耳の近くを軽く叩くことで頭に振動を与えるわけでありますので、強く振動を与え過ぎないようにしたいですね。

●同じく水が入った耳を下に向けて、片足でジャンプしながら振動で落とす
こちらは耳を下に向けて水が落ちない時点で【表面張力】で鼓膜に水がくっついている可能性が
高くなります。今まで何度も紹介しておりますが、表面張力の作用がなくなるような行動をとる必要があります。

具体的には、ジャンプしながら振動を加えることで水を落とすことができた方もちらほらいるようですので多少は効果的でしょう。

片足ケンケンでのNG

周りに何もない場所でやるようにしましょう!
何度も頭をぶつけたのは苦い思い出😢

●綿棒などで吸水する方法
誰しもが思いつく方法であります。ピンポイントで水が溜まっている場所がわかれば綿棒で吸水できます。ですが、実際には全員がこの方法をマスターできるのかどうかは難しいようです。

●熱い地面などに耳を近づけて水を出す方法
実は意外と多かったりします。こちらは何となくやったことがある人も多いかもしれないです。

なんと、、熱くなっているプールサイドの鉄板や地面に耳を近づけると、【表面張力】の力が弱くなることで水が耳から抜けるといった根拠があるからなのです。

博士ではございませんので(笑)、詳しいことは割愛しますが・・・

簡単に結論をお伝えしますと、温度が上がることで細かな分子レベルの距離が大きくなり集まろうとするエネルギーが弱くなるからです

●耳を手で圧迫して気圧を用いて水を出す方法
これはですね、、正直言いますとすぐに結論は出ないです💦
あらためて、更新予定でありますので気長にお待ちください。ただですね、強い気圧を加えるほど危険であります。仮に耳から水が抜けることができても力加減をうまい塩梅で調整するのが難しいとの見解であります。

●水を数滴入れて水を出す方法
閲覧数トップ①でも紹介しましたので、簡単にまとめておきます。

こちらは多くの方が経験則から行っている方法でありますが、実際には【鼓膜に表面張力して水が落ちなくなっている】ために表面張力に力を加えて水を出そうというものであります。

片足ケンケンでのNG

勢いよく水を入れすぎないように注意したいですね

引用元:YAHOO!知恵袋|clo********さんのご質問より

トップ④閲覧数54,314回

~質問概要~
お風呂で耳に水が入って違和感があります。綿棒を使っていますが、どのようにしたらよいでしょうか?
~質問者が選んだ良い回答~
先日、耳に水が入りましたが、ティッシュを細長くして耳にいれますと水が吸収されて取れましたよ👌

なるほどと思う女性吹き出し

この方法は期待できそうです

◆こちらの回答の解説◆
すぐに行動することで実行できたとのことで、再現性が高い方法のようです。綿棒よりティッシュは吸水しやすいとのことでおススメできそうですね👍

引用元:YAHOO!知恵袋|z8m********さんのご質問より

トップ⑤閲覧数32,778回

~質問概要~
耳に水が入ったときにどのように対処するのがよいでしょうか❓今までの経験上、耳を下に向けてケンケンで飛び跳ねる方法でうまく出すことができているのですが、出てこないこともあります。教えてほしいです!

~質問者が選んだ良い回答~

耳から水を出す方法:
:ティッシュを細長くして吸水する手法となります。

ティッシュ こより

◆こちらの回答の解説◆
トップ④でもティッシュをこよみして吸水する方法を簡単に紹介しておりますが、質問者が実行して解決できたことからも効果的な方法のようです。

個人的には、奥に入れすぎたり扱いは注意した方がよい面があると思っております。ですので、できれば慎重に!誰かに見てもらったほうがよさそう🤔

引用元:YAHOO!知恵袋|momomo monさんのご質問より

スポンサーリンク

耳に入った水を出す方法のベストアンサー

ここではおすすめの方法をまとめてみました。次のような方法がお勧めとなります。理由とともにお伝えしていきますね👍

~おすすめの方法一覧~
耳を斜め後ろに引っ張る
●ティッシュこよりを使って吸水
●温かいタオルを耳にあてる

●耳を斜め後ろに引っ張る

耳の通りはまっすぐではありません。こちらは耳かきを自分でしたことがある方は何となくわかるのではと思います。
ですので、通りをまっすぐにするために、耳を後ろに引っ張ると意外と水が抜け落ちることがあるようです。

ティッシュこよりを作って吸水

上の章でも紹介しました通り、こちらの方法は再現性が高いように感じます
ただし、こよりをうまく作ることができていないために、耳の中にティッシュがつまってしまわないように気を付けましょう

温かいタオルを耳にあてる

温かいタオルの熱によって、水が落ちてこない原因である【表面張力】が弱まるためです
こちらは何度も解説しておりますが、水が出てこない原因を作っているであろう【表面張力】の作用を弱めることで水を抜くための方法となります。

実際に試してみた結果をお伝えするよ

さて、『今まで他の方の回答を講釈垂れて解説してきているけどさあ~』『本当にあっているの?』といった声が聞こえなくもないのであります。

はい・・・・!皆様もそう思いますでしょうか❓

ですよね(ギクッ💦)

という訳、私も気になる方法をいくつかピックアップして試してみたいとおもいます。ぜひともお付き合いくださいませ🙇🏻🙇🏻🙇🏻

私が試します方法としてはこちら
✔温かいタオルを近づける
✔ティッシュをこよりにして吸水
✔ケンケンして跳ねる

温かいタオルを近づける

結論:
:意外と効果がありそうです。横になっても耳に入った水がなかなか出てこないときには、効果ありましたよ。

ティッシュをこよりにして吸水

結論:
:吸水効果がありそうです。ただ、うまくティッシュを円を描くように慎重に回しながら行うのがポイントとなります。

水が入った耳を下にむけてケンケンしながら頭を振る

結論:
:すぐに水が抜けたケースもありましたが、なかなか水が抜けないときもありました。

ただ、体をよく動かす必要がありましたので、何度か頭をぶつけてしまったときもありましたよ🤣

最後に

耳に水が入ってしまうのは仕方ないことでありますが、入らないために耳栓や水泳用帽子を深くかぶるなど対策できることは意外とありそうですね。

ただ、水泳の授業中に耳に水が入らないよう完全に対策ができるかどうかは微妙なところです。

やはり、耳に水が入った場合に確実に水を抜くために方法は知っておいて良さそう❕

できるだけ多くの方の意見をまとめてみましたので参考にしてくださいね🙇🏻

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ダツモヤ

ブログの管理人を行いながら執筆も担当してます。
色んな人の話を聞くのが好きで好奇心旺盛。実体験も踏まえつつ、日常のふとした疑問や気になることを解決できるような発信を目指しております。「よりよき日常」「ユーモアを身にまとう」がモットー!
もやもやした気持ちから脱(ダツ)することができるような記事をお届けしていきます。

ダツモヤをフォローする
知恵袋まとめ
ダツモヤをフォローする
GOODLIFE~ダツもやもや~

コメント

タイトルとURLをコピーしました